RSS | ATOM | SEARCH
おいしいコーヒーを飲もう!
COE2013ブラジル 落札できました
先日オークションが開催されました、COE2013ブラジルEH

で落札できました。

「EH」はEarly Harvestで、
主にパルプドナチュラルのコーヒー生豆が出品されます。

「LH」はLate Harvestで主にナチュラルのコーヒー生豆
出品されます。

年に2回も開催されるのはブラジルだけです。
さすが、生産量第一位ということでしょうか。

COEでもこのブラジルEHのコーヒー生豆は“あたり”が多く、
また店主の好みなので落札できて安心しています。

今回のブラジルEHは、幸いなことに落札価格の高騰もなく、
良いオークションでした。
日本に到着するのは数ヶ月先になります。
入荷次第、コーヒー生豆を焙煎する予定です、楽しみです。

 


JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
JUGEMテーマ:グルメ
author:ブルーマン 点, category:コーヒー生豆の情報, 18:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
SmaStation!!に出演しました
 20013年11/16(土)のSamStationで当店が紹介されました。

番組は生放送ですが、当店店主の出演は変数済みビデオで数秒のみ

の出演でした。


撮影スタッフさんたちに、コーヒーの焙煎ついて語りすぎたのでしょうか、

番組では「焙煎にこだわる店主」と纏められてしまいました。

番組では、焙煎したコーヒー豆をご紹介いただきました。

「こだわり」の焙煎コーヒー豆のご注文が集中しており、原料のコーヒー生豆

も次々と入荷させて在庫を切らさないようにしております。



JUGEMテーマ:ニュース
author:ブルーマン 点, category:コーヒー豆の焙煎, 18:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒーをミルで挽く
コーヒーを自宅で挽いていますか?

コーヒー豆の販売を長年行っておりますが、ときどき「挽く(ひく)」

を勘違いされている方がいらっしゃいます。 

 ・粉にする、粉砕する=挽く(ひく)
 ・焼く、焙煎する=煎る、炒る(いる)

が正しい使い方です。

コーヒー豆を挽くには、ハンドミルと電動ミルがあります。
すり鉢で粉砕しても大丈夫です。

それぞれのメリットとデメリットがありますが、今回はハンドミル
のメリットを一つご紹介。

コーヒーミル

コーヒー豆を挽くときにハンドルを通して伝わる感触がポイントです。

コーヒー生豆を焙煎した直後は、コーヒー豆はサクサクです。

軽快でひっかかりのない感触が心地よいです。

数日経つと、コーヒー豆の真の姿が明らかになります。

ハンドミルで挽いたときに、硬くて挽きにくい経験はありませんか??

これは焙煎に失敗したコーヒー豆の可能性があります。

コーヒー生豆の状態から芯が残っている可能性が高いです。

ツーンとした酸っぱさがあります。

これはコーヒー豆本来の酸味ではないのでご注意ください。


JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
author:ブルーマン 点, category:コーヒーを飲む, 16:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー生豆の焙煎と消煙装置
コーヒー豆の焙煎に排気機能は必須なんです!

コーヒー生豆 の焙煎装置にオプションで消煙装置を使用しています。

電気的に処理をしてカートリッジに付着させる仕組みの装置を

使用しております。

カートリッジは、↓このような状態で装着します。

コーヒー生豆焙煎 消煙

コーヒー生豆を焙煎後に付着した状態は、多くの汚れが

付着しています。毎日清掃して翌日のコーヒー豆の焙煎に

備えます。

コーヒー生豆焙煎 消煙

JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
author:ブルーマン 点, category:コーヒー豆の焙煎, 10:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー生豆 COE2013グァテマラ 販売開始
 
コーヒー生豆COE2013グァテマラ の販売を開始いたします。

COEグァテマラコーヒー

2013のCOEは落札価格が高値になっております。

グァテマラは10周年になります。
コーヒーの歴史から見るとCOEはまだ”若い”です。



ほとんどのCOEはバキュームパック(VP)で輸出されています。

コーヒー生豆 COE2013

農園名 : チャラバル エストレージャ
農園主 : Jarras, S.A.
エリア : アカテナンゴ
標高 : 1500 − 1860m
品種 : カトゥアイ 
順位・スコア: 18位 / 85.72点
農園面積: 200ha
精製方法: ウォッシュド


●カップオブエクセレンス(COE)とは
 

JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
JUGEMテーマ:グルメ
続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー生豆の情報, 12:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー生豆のドンゴロス柄
コーヒーは赤道周辺の高地が主な生産地です。
日本のコーヒー生豆はほぼ100%が輸入されています。

生産地で詰められた荷姿はドンゴロス(麻袋)になります。
60kgが主ですが、中米は69kgが多く、コロンビアは70kg
が主流です。

コーヒーの風味も生産地ごとに異なり特性がありますが、
ドンゴロスのデザインもまた生産地で異なります。

コーヒー生豆エチオピア

コーヒー生豆コロンビア

ドンゴロスのデザインは、コロンビアが華やかでインパクトが強く、
エチオピアは控えめで地味です。

コーヒーの風味は、コロンビアはマイルドで大人しい平準的で、
エチオピアは個性的でインパクトが強いコーヒーとなります。


JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
JUGEMテーマ:趣味
author:ブルーマン 点, category:コーヒー生豆の情報, 12:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー生豆の精製 スマトラ式
 インドネシアは伝統的なコーヒー生豆の産地です。

スマトラ島、セレベス島、ジャワ島、バリ島で生産された

コーヒー生豆が日本に輸入されています。

スマトラ島などで精製するコーヒー生豆は、他の生産地と

異なっています。

「スマトラ式」という精製方法です。

コーヒー生豆の精製工程は、大きく分けると2つあります。

種子を取り出す工程と
乾燥させる工程です。

この工程の違いで、
水洗式(washed)、ナチュラル、パルプドナチュラルと
分けられています。

スマトラ式の特徴は、他の精製方法と違う点を見ると判りや
すいです。

スマトラ式は、種子を取り出してから乾燥させます。

他の方式は、乾燥した後に種子を取り出す(脱穀)方式とな

っています。


この工程の違いが、特徴的なコーヒー生豆の外観となっています。

緑が濃く、潰れたような外観です。

スマトラ式コーヒー生豆

JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
JUGEMテーマ:趣味
author:ブルーマン 点, category:コーヒー生豆の情報, 15:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒーをハンドドリップ
コーヒーを膨らませてください。

焙煎される方にはお馴染みだと思いますが、生き物のようにモコモコ

と膨らむコーヒーです。 

コーヒー ハンドドリップ

この膨らみを潰さないように約2〜3分かけてドリップしています。

コーヒー生豆から焙煎しますと、1週間は毎日コーヒーの風味が変化します。



author:ブルーマン 点, category:コーヒーを飲む, 18:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark