RSS | ATOM | SEARCH
おいしいコーヒーを飲もう!
コーヒー生豆を焙煎
直火式の本格的焙煎機でコーヒー生豆を焙煎します。 

夏になるとコーヒー豆の焙煎は、突如として重労働になります。

釜の環境温度が200℃になりますので、釜の周辺は熱気が生じ

ます。湿度も上がりますので、過ごしにくい環境での焙煎とな

ります。

冬は暖房代わりになるのでいいのですが。。。

コーヒー生豆を釜に投入してから、初期の焙煎
狐色になり、コーヒー豆豆が緩んでいます。
コーヒー生豆を焙煎

豆が膨らみます。このときにパチパチと音をたてます。
このへんで釜から出すと、浅煎りコーヒー豆になります。

コーヒー生豆を焙煎

パチパチ音を立てています。
この後も焙煎を進めるともう少し豆が膨らみ“しわ”が伸びてきます。
コーヒー生豆を焙煎

author:ブルーマン 点, category:コーヒー豆の焙煎, 14:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.coffee-drip.com/trackback/1168629