RSS | ATOM | SEARCH
おいしいコーヒーを飲もう!
チャフ コーヒー焙煎の廃棄物
コーヒー生豆を焙煎するとカスが出てきます。これは“チャフ”といわれます。

“チャフ”の語源は、散布してレーダー探知を無効にする防御兵器のひとつです。

細かく飛散するので、コーヒー業界でも”チャフ”と呼ばれているのだと思い

ます。

本格的な焙煎装置にはチャフ受けが装備されております。

↓溜まったチャフ
チャフ

このコーヒー焙煎時に出てくる”チャフ”は、
現在のところ使い道がなく、廃棄物になります。

チャフは、コーヒー生豆の表面に残っている薄皮がはがれて落ちたも

のです。水洗式のコーヒー豆では少なく、ナチュラル精製のコーヒー

豆では多く出てきます。

たとえば、ナチュラル式の代表的産地の


ます。

コーヒーを焙煎する際に、出てくる煙の主たる要因はこのチャフから

出ているとも言われています。本格的なコーヒー焙煎装置には、この

チャフと煙を吸引しながらコーヒー豆を焙煎する機能がついています。 
author:ブルーマン 点, category:コーヒー豆の焙煎, 10:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。