RSS | ATOM | SEARCH
おいしいコーヒーを飲もう!
コーヒー豆相場の高騰グラフ
すっかり報道で認知されつつあるコーヒー豆の高騰ですが、

わかりやすいグラフをご覧ください。

↓ニューヨーク市場での価格の推移です。

コーヒー豆相場の高騰

横軸の9月から2月にかけて約50%の上昇ということになります。

これは、先物市場ですので現物は少し違いますが、上昇傾向は

同じです。


もう少し長い期間を見ますと、2008年11月から2011年2月には

2.5倍です。


コーヒー豆相場の高騰


特に、10年6月ごろから急騰しています。

大輸出国の減産に端を発し、消費の拡大と天候不順、投機マネー

参入など、一気にかけあがりました。

価格の通貨はUS$となり、幸い円高でした。

(コーヒー生豆はほぼ100%輸入です)

この先も下がる要因が少ないです・・・


インスタントコーヒー、缶コーヒーには大きなインパクトがあります。

レギュラーコーヒーにもかなり影響が出てきております。



JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
 
author:ブルーマン 点, category:コーヒー生豆の情報, 16:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.coffee-drip.com/trackback/1168519