RSS | ATOM | SEARCH
おいしいコーヒーを飲もう!
コヒー豆の挽き方
コーヒー豆の挽き方は何が良いのだろう?というご質問をいただくことがあります。


レギュラーコーヒーは、コーヒーを入れる直前に豆を挽いてコーヒー粉末を
準備することがとても重要です。

おいしいコーヒーを飲みたいなら、必ず実践していただきたいのが、この『直前にコーヒー豆を挽く』ということです。

挽いたコーヒーーを購入された場合は、豆で購入される場合よりも早目に飲みきりましょう。


本題の『コーヒーの挽き方』ですが、決まりが無いことはいうまでもありません。

お好みの挽き方と入れ方を見つけることが重要です!

参考までに、おすすめのコーヒーの挽き方の組み合わせをご紹介します。

A)粗挽きの場合
 粉を多めにして、ハンドドリップ(ペーパーフィルターかネル)
 煎り方は深煎りでも中煎りでもOK。

B)中挽きの場合
 ハンドドリップ(ペーパーフィルターかネル)
 煎り方は深煎りでも中煎りでもOK。
 ご家庭用のコーヒーメーカー(エスプレッソマシンは含みません)

C)細挽きの場合
 コーヒープレスか、エスプレッソマシン
 深煎り(フルシティロースト以上)のコーヒー豆を使用
 ※本格的エスプレッソマシンの場合は、極細挽きでないと美味しい
  コーヒーをいれることができません。

コーヒーの粉が少ないと、どのうような入れ方でも水っぽいコーヒーとなり
ます。

いつもと同じ入れ方でコーヒーを多めにしてみるとより美味しいコーヒーに
なる場合がああリます。
author:ブルーマン 点, category:コーヒーを飲む, 11:56
comments(0), trackbacks(1), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog.coffee-drip.com/trackback/1155264
焙煎したてのコーヒーを飲む/サントスアマレロブルボン
久しぶりに自社で焙煎したアマレロブルボンを飲みました。 コーヒー生豆の名称は、「ブラジルサントスNo.2アマレロブルボン」です。 少し深く煎り過ぎたので、失敗したかな・・・と思いましたが、さすがアマレロです。 コーヒー生豆の粒は小さいのですが、深煎
コーヒードリップの道, 2009/09/25 4:12 PM