RSS | ATOM | SEARCH
おいしいコーヒーを飲もう!
コーヒーコンベンション SCAJ2012
10周年となるSCAJ2012へ行ってきました。

このコンベンションへの出向いたのは3年ぶり?になります。

コーヒー業界の事業者が多く出展しており、ジャンルも

コーヒー生豆、焙煎機、小売、飲食、周辺機器類などとコー

ヒーに関わるものが多く出展されていました。

いたるところでコーヒーを飲める(無料)ので、選ばないと

お腹が「コーヒーだらけ」になります。

SCAJ2012

↑私がいたときに会場で一番の列ができていたブース。

 列が長かったので飲めませんでした。

 喫茶(飲食)で有名なお店のブースでした。

焙煎機も何社か出展されていました。

続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 15:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー産地の写真(開花)
コーヒーは日本では栽培されている場所が少なく滅多に目にすることができない

コーヒーの花です。このあと結実します。

コーヒーノキ 花



JUGEMテーマ:コーヒーの生豆
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 10:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スタバがインスタントコーヒー。
 
スターバックスが、インスタントコーヒー(スティックタイプの粉末)を発売したそうです。

まだ飲んでいないのですが、どうなのでしょう??飲まれた方教えてください!!


どうやらデフレ期にスタバは高価格戦略に出ているようです・・・。

ドトールはもともとのジャンルがちがうのですが、スタバとタリーズは同じジャンルの

ライバル店です。直営店とフランチャイズの違いがありましたがいまではコーヒー自体

も変わってしまいましたね。。。

 コーヒー専門店がインスタントコーヒーとは驚きです。・・・


JUGEMテーマ:焼きたてのコーヒーを楽しむ
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 20:55
comments(0), trackbacks(0), pookmark
今年の仕事はじめ
年もあらたまり、気持ちも新たに新年のスタートです。

なんやかんやとオープンしたお店には、年末年始も毎日行っていました。

本日1月4日からお店を開いていますが、午前中はまだ人の通りが少ないようですね。


お店の方は、オープンして1ヶ月たっていませんが、リピート利用いただいているお客さまに多く

いらしていただけており、うれしいです。


通販の発送は、明日から始めます!

年末には予想以上に売れたコーヒー豆もありまして、一部の在庫がほとんどない状態です・・・

コーヒーの原料となる生豆の仕入れは、年末年始はお休みのところが多く、6日以降の入荷と

なる予定となっています。

在庫が少ないかなくなっているものは既にに発注済み!

今年もおいしいコーヒー豆を求めて頑張ります♪


JUGEMテーマ:焼きたてのコーヒーを楽しむ
 
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 15:07
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒーショウ ビッグサイト
先週、(社)日本スペシャルティコーヒー協会主催のコーヒー業界のイベントに行ってきました。

少し遠くて、有明の東京ビッグサイトで開催されました。

生豆の商社や、コーヒー機器メーカーや、生産国のコーヒー協会などが出展されていました。

取引先から招待状をいただいたので、入場は無料でした。

一般の方の入場の場合は、有料のようでした。。。

焙煎機の展示や、ローストしたコーヒー試飲、生豆の紹介などを中心に見てきました。いろいろお話も聞けました。

この会場ですらほとんどのコーヒー豆の焙煎は、半熱風か熱風式でしたので、生豆について直火式のコーヒーと比べるのは妥当ではないと思います。

焙煎機や焙煎方式を比べるにはよいのですが、エルサルバドルとかコスタリカ、ブレンドなどが試飲では多かったので、コロンビアやグァテマラなど比べやすい銘柄だったら助かると思いました・・・。

意外な発見は、ロブスタ種で面白い風味のコーヒー豆があったことです。

特徴的ではありますが、毎日飲むとすぐに飽きるだろうという豆ですが、
一度直火式焙煎で試してみようと思います。
続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 10:22
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ブラジルのコーヒーは豊作のようです

コーヒー豆の主要産地のコロンビア、グァテマラの減産で暗いニュースがありましたが、ブラジルは豊作のようです。

現在は順調に収穫しているので、精製して年末年始ごろにはコーヒー生豆として日本国内で流通が始まると思います。
続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 16:04
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー生豆に含まれている欠点豆/グァテマラ
コーヒー生豆は輸入してきて国内流通している状態はコーヒー名豆の出航地域や銘柄により変わります。

コーヒー生豆に混ざっている異物を除いて、欠点豆もあります。

コーヒー生豆で、虫食い、欠けている、カビなどが欠点豆になります。

当社最新ロットから、銘柄グレードによる欠点豆の比較第2弾をしてみました。


今回は、コーヒー生豆のサントスNo.2に続いて、グァテマラ産のコーヒー豆です。

グァテマラのコーヒー豆は、商社がプレミアムコーヒー豆の育成に力を注いでききたこともあり、とても分かりやすい差がでました。

〜グァテマラのアンティグァ産コーヒー豆といえば、良質で高価であうことが知られています。〜
続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 12:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
コーヒー生豆の欠点豆/サントスNo.2
コーヒー生豆は輸入してきて国内流通している状態はコーヒー名豆の出航地域や銘柄により変わります。

コーヒー生豆に混ざっている異物を除いて、欠点豆もあります。

コーヒー生豆で、虫食い、欠けている、カビなどが欠点豆になります。

当社最新ロットから、銘柄グレードによる欠点豆の比較をしてみました。

ブラジルのサントスNo.2を例示いたします。

サントスNo.2は、コーヒー生豆の輸出規格で最上級のものです。

そのサントスNo.2の中でプレミアムのついてコーヒー豆のアマレロブルボンで比較してみましょう。アマレロの方が高価なものとなります。

もっと読む
続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 11:42
comments(0), trackbacks(1), pookmark
コーヒー生豆/モカコーヒー販売いたします。
モカコーヒーの代表産地エチオピアのシダモG2が入荷いたしました。コーヒー生豆通販/珈琲市場にて少量ですがモカコーヒー生豆シダモG2の販売しております。次回入荷は未定です。
続きを読む >>
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 10:35
-, -, pookmark
コーヒー生豆の麻袋の中にある異物
コーヒー産地といえば、コーヒーベルト地帯といわれるエリアです。

コーヒーの実を収穫して、精選、麻袋詰め、倉庫で待機、船積み・出港と現地での工程を済ませます。

そのあとは、船底で長い間輸送されて日本に到着します。

荷揚げ、倉庫で待機、税関、出荷を倉庫で待つという工程があります。

私たちのようなコーヒー豆の焙煎事業者の手元に来るコーヒー生豆のなかには、コーヒー豆以外の物(異物)が混ざって届きます。

よく見かける異物は、
  釘、石、アスファルト片、金属片、小豆みたいな小まめ、とうもろこし

といったものです。

コーヒー生豆を小分けしてネット販売しておりますが、時々異物が混ざってしまいます。

びっくりされる方もいらっしゃるかと思いますが、これでもできるだけ目視して排除しているんです・・・。

麻袋も決して綺麗な状態ではありません。

それでも、コーヒーは200℃程度での焙煎や無添加の飲食品で安心してお飲みいただけます。

飲食品であるので、鮮度があります。コーヒー豆を焙煎してからは早目に飲みましょう!
author:ブルーマン 点, category:コーヒー業界, 11:47
comments(0), trackbacks(2), pookmark